自分の周りは全員敵

夢だけ見せて〜!!

ファンサの話

どうも、目が合えば二人の世界のオタクです。 この前の現場、絶対に目が合った(※自己申告)

 

ファンサとはなんぞや、なんて思ってる人ここにはいないからちゃちゃっとします。
ファンサ=ファンサービスは、ジャニーズ現場では、自担の名前のうちわ持ってたら手振ってくれた、とか、あの「ピースして」とか「エアハグして」とか書いたうちわ持ってたら目の前でしてくれたっていう、まあ言ってしまえばファンを喜ばせることですよ。
「今私見た!目合った!!」「ばーんしてくれた!撃ち抜かれた!!」とかね。
中には自分のうちわ持ってる人には絶対しないとかいうアイドルもいますよね。*1
あと持ってても可愛い子にしかファンサしない人とか*2
アイドルって色々いるね、すごいねアイドル。

 

女性アイドルはうちわという文化が無い代わりにペンライトというかサイリウムの文化があるので自分の色を振ってくれてる人に指差ししたりとかします。*3
このファンサですが、「今のは自分」と圧倒的に実感できる(≒勘違いできる)のは、ジャニーズ現場です。
もし自分の周りに同じ内容書いてるうちわ持ってる人がいなくて、自分の前で何かされたらもうそれは自分のことです、自分のことです。(強める)
それに同じ内容のことを書いてても、もしかしたら流れ弾に当たってるかもしれないじゃないですか。*4
まぁ勘違いでもいいじゃないですか、目が合ったと思ったら合ってるんですよ。(過去のブログ参照)
正直、合ったと思うより、逸らされたって思う方がかなり実感できるので「目が合ったって、勘違いしすぎww」って人のことを小馬鹿にしてるやつは1回目逸らされた方がいい、まじで。

 

そして、ペンライトもといサイリウム現場。
こちらは女性アイドルやあとは声優現場ですね。 こちらはサイリウムバルログしてたらファンサくれる、なんて優しい世界ではありません。
やばい奴のことは露骨に目をそらします、なんなら視界に入れないようにします*5
女性アイドルは「ファンサが命」な部分が強いので割とバルログだろうがウルヴァリンだろがファンサしますが重度のやつは多分嫌われてるからみんな気をつけようね。
それに比べて男性声優は女性アイドルに比べて「選ぶ権利」があります。
まず彼はアイドルではないので別にファンサをしなくてもいいんです。 だからファンサしないことを咎められない。*6

 

自分の色のサイリウム振ってる相手に手を振るだけでれっきとしたファンサです、そこに指差しとか混ぜたりしたらもう彼らは「アイドル」です。
自分は声優だから歌を歌うのは本職じゃない、とおっしゃてる方がいる中、ファンの皆が待ってると思ったら俺達のやる気出た!みんなに会いに来たよ!なんて、アイドル顔負けのことを言う方々もいらっしゃいます。誰とは言わないけど。

 

 

一度閑話休題として、表現をすることに重きを置いているアイドルの話をします。
彼、彼女達はファンサをするアイドルに比べるとファンは一気に減ります。
自分の担当がファンサをいっぱいする子ならそのアイドルに対して「愛想が悪い」と思う人もいるでしょう。
またファンサがきっかけでそのアイドルに落ちることもよくあります。*7
でも表現に重きを置く彼、彼女達は「自分を一番の状態で見てもらいたい」から表現をすることに命をかけています。
適当に手をするよりもその一瞬の手の動きや視線の動き、綺麗にターンを回るかなど。
自分が今一番輝いている状態をファンの人に見てもらいたい。
そのプロ意識はいわゆる「変なファン*8」はあまりつきません。
だって母体数としてファンの数がほかより少ないことが多いから。
(彼、彼女達を推すファンが偉い、と言いたいわけではないし、ファンサばっかりするアイドルが悪いと言いたいわけでもないです。)

 

 

 

このファンサ。 過度なファンサを求める行為は果たしてどうなのかって疑問に感じるんですよね。
まあ確かにほかの女にファンサしてる暇あるならこっち見ろや!とか過激な人もいるけどさ。
じゃあ問いたいけど「あなたはここに何を見に来たの?」ってなるんですよね。
私は歌が聞きたい、パフォーマンスが見たい、見て聞いて元気になりたい、みたいなのがあるんですよね。
ファンの方って最初はそうじゃないですか。何か好きな部分があってそれを生で見たくて現場に入る。
まあざっくり言うと「この人が見たい」から現場行く。
まあファンサはついでですよ。ついで。付随物ですよ。 それなのファンサ貰うために金積んで、目立つような格好してきたり。
「あなたは何を見に来てるの?」みたいな。
なんか、いいんですよ、別に。お金払って入ってるからそこにいる限り公式に怒られなければ何してもいいよ。公式に怒られない程度にはね。
でもなんか、推しのパートの時だけ暴れ出したり、
それ以外は興味なかったり(座ってたりとか)。
まあ私も貰えるならファンサ貰いたい勢だからなんとも言えないんだけど、なんかな。
あなたのお金でやってることだからいいけど、それを推しは喜んでくれるのか。
推し以外楽しくなさそうな顔をしているところを推しが見た時どう思うのか。
推しがこのライブに来た理由が「自分のパフォーマンス」じゃなくて「自分があなたを認知していることだけが目的」と知った時どう思うのか。
今まで頑張って練習したダンスとかより、自分が0.5秒そっちを見て手を振った方が喜んでくれるって知った時どう思うのか。

 

なんだか考えさせられるよね。

*1:二宮和也さんですね

*2:ジャニーズWEST 小滝望くんのことです

*3:今はいらっしゃいませんがサンミニのひなちゃんとかがそうでした。

*4:Hey! Say! JUMPの中島裕翔くんはバーンしてのうちわの嵐全てにバーンをしていきます。スナイパーです

*5:神谷浩史さんとかはそんな感じです

*6:アイドルの中にも「表現」することに重きを置いてファンサしない人もいっぱい居ます

*7:ファンサが神対応のアイドルは男女共にファンが多いのがその例

*8:ファンサだけが目当ての人など

可愛い服を着てヘアメイクをしてイベントに行く話。

女の子は誰でも、魔法使いになれるんです。

 

どうも、現場が決まると服が買うタイプのオタクです。
いやいやだってよく考えて。
ブスばっか見て営業スマイルされるより、「あっ、今日かわいい子多かったな。」って機嫌良くして欲しいじゃん。
そんな今回の議題は「なんでイベントに可愛い服を着て行くのか」
さくっと行きましょう。

 

 

 

まずライブはデートってところから話します。
この、ライブはデートなんですが、かの有名な人気声優柿原徹也さんの名言です。
あれは2nd solo live「ダンディギ・ダン」2日目のMC。

 

ニュアンスとしては、自分がライブを発表したらみんながその日予定を開けてくれる。
多分遊ぶ約束とかバイトとか色々あるだろうけどそれを全部断って今日ここに来てくれる。
何着ていこう、どんな髪型しようって考えながら、どんな衣装だろう、何歌うんだろう、とか考えてくれてる。
お互いがお互いのために時間を開けて最高の時間を過ごすって、デートみたいだよね!

 

これが口からポロッと出てくる柿原徹也よ。
これ脳直の発言だったんですって。すごいな。

 

そこから私の考え方も劇的に変わりましたよね。
昔からライブとかイベントとかあるとお洒落していこう〜可愛い髪型にしたいな〜とは考えてたけど、
ライブはデートでしょ?って感じ。
デートなんだから可愛い服着ていくのは当たり前。
髪型だって可愛くしたい、どうせなら手の込んだ髪型がいい。いつもしないようなのをしたい。
だってライブはデートでしょ?(2回目)

 

まあ本命はともかく、なんとなく入る可愛い服を着ていくようにはなりましたが、また革命が起こったんですよ。

 

柿原徹也3rdシングル「咲いちゃいな」リリースイベント

 

握手会、まあ接近戦です。
柿原徹也さんとの接近戦は他で一回経験してるんですけどまあそれはトークショーのついで的な感じで、今回はがっちがちの、1対1。
5-10秒の間相手に何を伝えるか、どうするか、っていう戦い。
パッと見可愛くないと柿原徹也という男に「来てくれてありがとう」って思われないんじゃないのでは?ととち狂ったことを考え始めました。
ライブはデートって言った男のイベントですよ。
ライブじゃなくともデートな気分になりますよ。
たった5秒のデートです。
ね、初めての接近戦ですもの、緊張しますよ。好きな人の視界に入って、好きな人に触れて、しかも好きな人と喋れるんですよ。
舞い上がるどころか焦る、怖くなる、死にたくなる。
あんなキラキラした人達に触れていいわけないじゃん。
我々ブスがそんな方の視界に入るとかもう死にてえよ。月とすっぽんどころじゃない
同じ人間というカテゴリー以外で共通点が見つけられない。
もうここからスパイラル。

 

 

 

可愛くなくちゃダメだ、

可愛くないのは人間ではない。

人間以外に生きる価値はない。

 

 

 

私も女の子なんです。
どんなにデブでブスでチビでもブスなりにカワイイで戦いたいんだよ。土俵に上がりたいんだよ。
佐々木希と戦おうと思ってる訳では無い。でも自分がオカリナと同じレベルでは居たくない。
美人に自分を可愛く見せる引き立て役には思われたくないんだよ。
ある程度頑張りたいんだよ。ブスだけどブスでいたくないんだよ!

 

可愛くないとダメ。ブスには生きる価値がない。と変な方向に美意識が走りました。

 

そこから始まってしまったのが「いつもなら買えない服を買う」
あれですよ、初期防御力低いから防具身に付けて戦いに挑む。
可愛いってね、正義じゃないんです。力なんです。物理攻撃なんです。
変に目立ちたい中高生がカラーセーラー服で痛バ持って黒髪をツインテールにするより、MERCURYDUOとかsnidelのワンピース着てMKのバッグ持ってるお姉さんが茶色のロングヘアーを巻き髪にしてるほうが強いんだよ。横通ったりしたら怯むんだよ。
服が可愛いならやっぱり顔面もそれに追いつきたくなるわけだから化粧頑張ったり、ダイエットしたり色々頑張るんですよ。
人の褌で相撲を取るならその褌に見合う強さを身に付けたくなるんですよ。

 

そうすると今度こうなるんですよ。

 

「周りのオタクより可愛くなりたい」

 

認知して欲しい訳では無い。
でも大多数の1︎︎︎人になりたくはない。
どうせならパッと視界に入った時に「あの子可愛い」って思われたい。
なんならファンサとかもらいたい。

 

 

 

可愛い女の子を見て機嫌良くなってもらえるし、
そんなかわいい女の子になればファンサも貰えるんじゃないのか。
周りより可愛くなれればほかよりも目に入りやすいんじゃないのか。
そしたらファンサ貰いやすくなるんじゃないのか。

 

 

 

そんな感じでライブはデートに始まり、こんなことになりました。
現在はイベントの予定が入る度そこそこいい値段のする服を買って、美容院でヘアメイクして参戦してます。
意識が高まるんですよ。そして元の基礎力低くてもなんとかなってる気分になれるんです。

 

これは意識改革の方向を間違えたブスなのでみんなダメな例として覚えておいてね。

 

 

 

追記。

 

www.nagoyamisato.com

可愛い可愛くないの話はこちら。
私が敬愛する名古屋みさとさんの記事を読んでください。みさとさんはブスに対して辛辣に生きてるので読んでいて努力しなきゃ……と強迫観念に囚われます。
最高です。自分が女子であるということを改めて考えさせられます。

第一回KMR48総選挙~センターは誰だ!? 2016summer~

どうも、好きなタイプはスパダリの私です。

今回はあれだけ好き好きと言い続けている木村良平の円盤で一番好きな円盤を選ぶ、

題して「KMR48」をしたいと思います。いえーい!

 

 

 

今回使いますのはこちらのCDです。

f:id:snow1024y:20160706183155p:plain

「貴女は誰と恋に落ちる?木村良平Rejetチャート」

f:id:snow1024y:20160706183204p:plain

「全年齢!?限界ギリギリ木村良平スパダリチャート」

制作:私

 

Twitterとかで載せたからみたことあるかと。

木村良平のシチュエーションCDが好きで好きで好きで仕方がない私が個人的に推しているCD(スパダリCD)とみんな大好きRejetCD、合計19枚の中から上位7枚、神7を選び、そしてそれをランキングする企画です。

頑張れ私、やれるぞ私。ナンバーワンでオンリーワンなCDを決めるんだ。

 

それではスタートです。

 

 

 

 

 

「私に何をしてほしいんですか?命令してください。貴女の声で」

第7位 チームR(リップ音多め)「帝國スタア」四番星 不二

f:id:snow1024y:20160706191732j:plain

KMR48クール担当不二君。

ぎりぎり7位入りの彼は帝國スタアシリーズの中でも比較的まともな人です(※当社比)

 

彼は木村良平=元気!明るい!あほ!みたいなイメージをぶっこわしたキャラですね。

淡々と、それこそ機械のように、彼はしゃべります。

命令通りに動くことのスペシャリストなんで命令通りに何でもします。

不二君が大帝國劇場で四番星として立つのは母がそう命令したから。

でもとあることがきっかけで母ではなくヒロインの言うことを聞くと言うようになります。

でも命令したくないんですよ、彼女は。だって人間だもん。人間だから不二君の意思を尊重したいんですよ。

でも不二君は感情が欠落しているんで意思なんてそこにはないんです。

そんな不二君がヒロインに命令してほしいあまり…?

 

そんな感じです。

 

不二君の選ばれたポイントは演技ですよね。低くて淡々と、は加点ポイントです

。これは私の中で新しい扉でしたよ。

黄瀬くんが木村良平のイメージ強かった私にはこの淡々とした演技が新鮮でした。

Rejet特有の歪んだ愛も詰まってます。でもRejet初心者でも安心!ライトに歪んでます。だって監禁だけですよ!おっけーおっけー!お安いご用さ!!

 

 

 

 

 

 

「遊びじゃない。君が欲しいんだ---。」

第6位 チームM(無駄にかっこいい)「大正浪漫~禁断の恋~」Vol.2 実業家の彼 東郷誠

f:id:snow1024y:20160706194526j:plain

KMR48フェミイスト担当の東郷さんです。

貿易会社の嫡男でぼんぼんな彼がランクイン。帝國スタアと続いて大正時代です。

大正時代と言えば関東大震災みたいな流れがありますが今作では地震がありませんでした。でも大変だからな、気をつけろ。

 

東郷さんは不二くんと比べると明るいですが底抜け明るいというわけではなく、人当たりのいい感じの方です。

芸者見習いで半人前のヒロインと貿易会社の嫡男で父親の仕事の手伝い≒半人前の二人がとあるきっかけで出会って惹かれ合うんですが、まあまあまあ。

「身分差」「時代物」「結ばれてはいけない恋」

女の子が好きな悲恋の条件をきれいに揃えてきたから話の流れもなんとなく掴めるんですけど、木村良平の演技がナチュラルなもんで聞き手が引き込まれるんですよ。

「私」が芸者見習い本人になった気分で聞けるんですごくね、辛い。

結ばれてはいけない、彼の人生を私みたいな芸者見習いごときに狂わされてはいけない、でも好き……って気分で聞くとめっちゃ盛り上がります。本当に。

喋り方というか空気感はジョーカーゲームの神永に近いんじゃないんですかね。まあ時代が時代なんで。この手のが好きな方は逆に神永を推します。ジョーカーゲームはいいぞ。

 

私の好きなところはトラック6「独占欲と嘘」です。

感情をあらわにして声を荒げるんですが、なんか聞いてて胸が苦しい。

「君が、一言、俺に……」と「どうしても本心を言ってはくれないのか」のこの間の取り方が神がかってるんですよ本当に。

4:05だけの短いなかにこの二人の関係性がぎゅっと詰まってるので聞きごたえはあります。

「こうして抱きしめていても……君は、まだ俺のものじゃないのか……」

「こうして触れているのに……君は、遠い……ッ」

ここ二つがすごく好きなんですよ。しかも結構キスしてくるんですよ、情熱的な感じで。

情熱的な恋がしたい方にはお勧めです。

 

 

 

 

 

「これでやっと二人きりだね。ずっと待ってたんだ、こうして二人きりになれるタイミングを」

第5位 チームR(リップ音)「KISS×KISS collections」 Vol.36 ハートフェルトキス 東崎 海十

f:id:snow1024y:20160706223948j:plain

 KMR48リア恋枠、海十くんです。

でました、定番中の定番、キスキスコレクションですよ。

私キスキスコレクションに対してあんまりいい思い出なかったんですけどね、これはね、これは本当にとても素晴らしい円盤でした(大絶賛)

海十くんは職場の同僚で製菓メーカーの営業なんですけど、この製菓メーカーっていう設定も、営業っていう設定もあますことなく利用してくださってます。すばらしい。

今回のKMR48神7の中で一番普通な方ではないでしょうか?普通のサラリーマンでちょっとチャラくて、でも普通に優しくて落ち着いてる。

いやもうこのサラリーマン設定が素晴らしくて、何といっても社内恋愛!

社内恋愛ですよ!社内恋愛!二人っきりになるために手伝いに呼ばれるなんて、何定番なことしちゃってんの!!

私基本的にシチュエーションCDは設定とか何にも読まずにとりあえず再生ボタン推してみる人間なんですが、海十くんはまさかの元読者モデルでびっくりしました。まじかよそりゃそんだけかっこいいわ。

 

キスキスコレクションの名に相応しいリップ音の多さです。色んなシチュエーションでキスできます。

キスした後に「あーもう、かわいい!」って言ってデートのお誘いしてくるあたり最高です。しかもさらっと「今度は俺のうちにお泊まりつきで。いや?」って言ってきます。嫌じゃないよ!!!!!!むしろうれしいよ!!!!!!!!

なんかね、スマートなんだけど出来すぎず、ちゃめっけ残しながらあほじゃない最高です。

なんか無心で元気になりたいときに聞いてます。シチュエーションとかより単純に木村良平の声のイケメンと付き合ってデートして社内恋愛でドキドキして~って不毛な感情丸出しで聞きます。

本当にお勧めだよ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

「これからは、毎日俺の腕の中に帰ってきてください」

第4位 チームK(可愛いが過ぎる)「Honeymoon」 vol.18 須賀将生

f:id:snow1024y:20160706223951j:plain

 黄瀬涼太が好きな人必見。

ワンコで可愛くて元気な木村良平とハネムーンに行くことができるCDです。

付き合ってて、お泊りデート的なのをしてたのかな?そしてプロポーズされるところから話が始まります。

いやもう可愛いんですよこの人。まあこの時黄瀬くんが流行ってたからそれに便乗した感あるんですけどとんでもなく可愛い。

ワンコ属性を余すところなく楽しませてくれます。

可愛すぎてチューしちゃった♡とか言ってくるタイプの男です。

 

こちら舞台はクロアチアなんですけど、あれです紅の豚の舞台。海がとっても綺麗です。

ちなみにCDを聴いているときの私はこちら

 ごらん、この頭の悪さ。

まあどうしてこんなことをしてるかって言ったらこちらトラックリストをご覧ください。

 

【Track List】
1:プロローグ
2:一日目 首都・ザグレブ
3:二日目 プリトヴィツェ湖畔国立公園
4:三日目 シベニク
5:四日目 スプリット
6:四日目の夜
7:五日目 ドブロヴニク(ドゥブロヴニク)旧市街
8:六日目 バニェビーチ
9:六日目の夜
10:帰国後
11:エンディングトーク

 

分かりやすくどこに行くか書いてくれてるし聞いてたら分かるんですよね。

なのでイメージ湧きやすくするために場所を画像検索しながら聞くのが個人的にお勧めです。

本当に可愛いよ?疲れが吹っ飛ぶ可愛さ。「ふふっ」って笑うたびにはわ~~~ってなります。

 ネクタイをプレゼントするとネクタイを結ぶ練習をします。かわいいです。

KMR48可愛い担当です。可愛いが過ぎる、本当に過ぎる。やばい。

 

 

 

 

 

「もしもさ……もしも、俺がアンタと同い年で同じクラスだったら、こういう風に授業受けてたりすることもあるのかな?」

第3位 チームK(可愛いが過ぎる) 「DYNAMIC CHORD」 love U kiss series vol.2 ~Bishop~ 百瀬つむぎ

f:id:snow1024y:20160706223957p:plain

 つむぎくんです。はい。

つむぎくんかっこいい話はこれを読んでください。

 

snow1024y.hatenablog.com

 こちらの円盤はそんなつむぎくんと付き合ってからのお話です。

スタスカでいうところの星座彼氏CDですね。

このCDとっても楽しいのが色んなシチュエーションで彼とキスできるんですけど。

まあタイトルから察していただけると思うんですけど。

5位にランクインした海十くんと何が違うかと言いますと、シチュエーションが高校生なんですよ。

いや~こういう恋愛したかった~~~~って500万回は言った気がします。

彼が3位に食い込んだのは初期値に「百瀬つむぎ」という加点ポイントがあったことですよね。つむぎくんはね…かっこいいんですよ…

 

わたしこちらの円盤で一番好きなのは5トラック目と6トラック目です。

1番のくせに2個答えてるんじゃねえよってコメントはNGですよ。

「アンタの体に、俺のもんだって証がついてる」って言いながらちょっと自慢げに声を弾ませるつむぎくんが本当に可愛いです。

独占欲の強い人が好きな方はぜひどうぞ。

 

 

 

 

「僕の持てる力、全てを使って、君を幸せにするから……準備はいい?」

第2位 チームM(無駄にかっこいい)「彼氏がイチャ××を強要して日曜日ベッドから出してくれません!」Vol.1 夾那

f:id:snow1024y:20160706224004j:plain

 

1位との差はわずか僅差でした。おしかったね!1位の彼とは二枚看板なところあるよ!

弁護士な彼はちょっといじめっ子ででも一番にヒロインのことを考えている方です。

彼とデート行く予定が寝ちゃってて、まあなんやかんやお互い疲れてるしベッドでごろごろしようよって感じのCDです。

本当に日曜日の予定のない朝に聴くのがベストなんですけど、トラック5の「なんとなくわかること」は疲れているときに聴いてほしいかな?

この彼に関して語ることが少ないことを許してほしい。

少ない理由なんですけど、「ここ!」って推しポイントはあんまり無いけど全体的に聴いててふふってなるんですよ。なんだろう、バランサータイプ。

木村良平が得意とするナチュラルな会話を思う存分楽しめます。

最近のシチュCDでは多いけど、言葉の復唱(ヒロインが考えてることを言う)のが結構少ないから聴いていてすごく楽。本当にしゃべってるみたいです。

どこから聴いても良いのでその日の気分で決めちゃってください。

 

 

 

 

 

「おかえり」

第1位 チームM(無駄にかっこいい)「YES×NO3」蓮川遥

f:id:snow1024y:20160706224006j:plain

まあ当たり前に1位ですよね。KMR48トップにしてセンター。

私が一人暮らしの時、ほぼ毎日聴いていました。他人からのおかえりって言葉が欲しかった。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『YES×NO』シリーズとは?

大好きなカレと一緒にすごす夜――
「もっとおしゃべりしたいし、もっとイチャイチャしたい!」
「でも今日は疲れてるからゆっくり寝たい気分かも……」

そんな風に悩んでいた時、
もしカレから夜のお誘いがあったら……アナタはどうしますか?

本作はそんな乙女の“IF”を形にした
分岐型シチュエーションCDです。

カレの誘いを受けるのも断るのもアナタ次第!
今日の気分に合わせて、お好きな夜をお楽しみください。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【Track List】
Track01:プロローグ
Track02:YES ver. ~scene01~YESの返事
Track03:YES ver. ~scene02~バスルームでまったり
Track04:YES ver. ~scene03~お風呂上がりにいちゃいちゃ
Track05:YES ver. ~scene04~ピロートーク
Track06:NO ver. ~scene01~NOの返事
Track07:NO ver. ~scene02~熱いミルクティー
Track08:NO ver. ~scene03~目を閉じて……
Track09:NO ver. ~scene04~おやすみ

 

まあ「いちゃいちゃしよ!」って誘われてOK!っていうかNO!って言うかを選んで楽しむ円盤です。

 

私これ本当に好きなんだけど(語彙力0)

この蓮川さんって方、何をするのも完璧なんですよ。気遣いできるし、ちょっとしたことに気づいてくれてるし、なにより私のことを一番に考えている。スパダリです。

スパダリ力はカンストしてます、もはや天元突破。

YESもNOも両方聴きまくってるんですけどやっぱりYES聴いちゃうんですよね。

よこしまな思いもあるけどやっぱり彼にNOって言えないんですよ。

 

なんせこんなに彼が「…どう?」ってちょっと控えめに誘ってきたら断れるわけないでしょ!?可愛い!!

 

まあ、あとはちょっとした感想とか好きなところです。

 

YESの感想

お風呂に入る時なんですけど。その前に蓮川くんのお誘いにYESって言ったからお風呂は後回しだと思ってたら先に入れてくれるんですよ、素晴らしい。

で、「え、お風呂入っていいの?」みたいな反応してたら「おれも一緒に入るから」って言うんですよ。そ、その手があったか~~!!って聴いててもう悔しい思いでいーっぱいだったんですが、最後に

「片付けが終わったらすぐ行く。先にバスルームで待ってて」

こんなの落ちるにきまってるでしょ~~~!!もう!!

そしてシャンプーしてくれるときにちょっとした悪戯とかしてきて、「おっとちがった?これは失礼しました」って子供みたいに無邪気な声のトーンで言うところが本当に好きです。も~~べついにいいけどっプンッってなります、ちょろいです。

まあこのCDで一番推してるのがトラック5なんですよ。

いちゃいちゃした後のピロートーク的なあれなんですけど、結構疲れちゃって、ふう、って感じになってるときに、どうしたの?って聞いたら、「どうしても君に甘えたかったんだ。それだけ」って言ってくれるんですけど、甘やかされてるのはこっちだろ?ってマジレスしたいくらい至れり尽くせりだった理由がここで明かされるんですよね。

で、「それに。物足りないくらいがちょうどいいのかも。だから、このまま」って背を向けようとしたときにヒロインがね、引き留めるんですよ。その時のここ。

 

2:17(ここの再生時間)

 

ここの「なに?」が最高に好きなんですよね私。不意打ちでちょっと声が上ずっててたまらない、本当に可愛い。

 甘え下手な彼が「もう少し、」って言ってそのままいちゃいちゃがまた始まるんですけど、少し声を震わせて、それでも抱き締めてくれるんですよ。は~~~~~!!!!

YES最高なんです、本当に、何回聴いても飽きない。

 

NOの感想

お風呂あがったら見たかったTV番組録画しててくれてそれを一緒に見ます、最高です

まあこのNOの聴きどころは演者の皆様も制作陣もみんな言ってるんだけど、夜のお誘いにNOって答えられる程度の仲(=だいぶお互いを信頼し合って言いたいことがきちんと言える仲)だから彼の心情がもっとくっきり見えます。

 

NOの推しトラック8の 4:12です。

ここから蓮川さんの心が少しずつ明らかになるんですよね。

久しぶりにおうち帰ったら一人で寂しかったとか、

早く帰ってきてほしかったとか、

帰ってきたら一番に抱き締めようとか。

そうやって考えてるのが男なのに情けないって考えるんだけど、そんなことないよって頭なでてあげると、最初は恥ずかしがるんですけど、「もっとなでてて」って言って、やっと素直になってくれるんですよ。

でも我に返ってもう寝ようか、って流れになるんですよ。

 「あんまり優しくしないで」「これ以上されたら、俺、」って言って、それでも最後に一つだけお願いをしてくるんですよ。

 

「あと、ちょっと…寝るまででいいから……ぎゅってしてて」

 

もうここで涙が止まらなくなります。

ここの蓮川さん本当に声が震えてて、もう、そんなに溜め込まなくていいのに…って一人でめっちゃ泣きます。

このあとヒロインが寝てから、って形で蓮川さんが今日あった辛かった話とか、自分が本当に思ってることとかを言うんですけど。

蓮川さんってやっぱり、何でも出来て、かっこよくて、スパダリで、優しいけどイジワル、みたいな人なんですけど、本当はさびしがり屋であまえんぼで子供っぽいけど背伸びする人なんですよ。

そんな彼が唯一甘えてるのが私だけっていう恋人特権というか、もう。二人で一緒に生きていこう、幸せになろう、ってなる。本当になる。

私彼が大好きなんですよ、そりゃセンターだわ、1位だわ。

ナンバーワンでオンリーワン。トップオブトップ、キングオブセンター

ありがとう蓮川遥、本当にありがとう。これ以上書いたら収集つかないから今度個人的に取り上げるわ。

 

 

 

 

 

さて、そんな感じで第一回KMR48総選挙~センターは誰だ!? 2016summer~を閉幕したいと思います。

長くなりましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。
是非みなさんも推し声優推しキャラ総選挙してください。よろしくお願いします。

 

推しと自担の違いについての自己解釈

多くの人が挑戦したであろう、「自担」と「推し」の違いについて挑戦したいと思う。
私の語彙力は周りのはてなブロガーに比べるとゼロに近いが、それでもやりたい。のでやる。

「自担」について

ジャニオタ用語の「自担」。
はてなブログ内のはてなキーワードにはこう書いてある。

ジャニーズ用語。

自分が担当、すなわち好きな、または応援しているメンバーの事。

女性アイドルで言えば「推しメン」。

 

自分が「好き」「応援している」メンバー
メンバー、ということだからこの場合この「自担」と言われている人は複数人いるなんらかの所属していることになる。
だから自担はそのグループ内で一番応援している人、ということになる。

「推し」について

だとしたら推しはなんなのか。
女性アイドルでいう「推しメン」がジャニーズ界隈でいう「自担」と定義付けられている。でも私は「自担」と「推し」は別の枠で語られている。
なので、自分なりに推しについて考えていく。

まず、「推す」という言葉だが、デジタル大辞林にはこう書いてある。

人や事物を、ある地位・身分にふさわしいものとして、他に薦める。推薦する。「候補者に―・す」「優良図書に―・す」

ここから察するに、推す、という言葉には物事や人を他人に薦める、という意味がある。
なので、「推せる」というのには、他人に薦められる、ことを指すから、「他人に薦めても恥ずかしくない、むしろ他人に知って欲しい」という意味が「推し」には含まれている。

「推し」についての自論

推し増しという言葉がある。
推し増しは、ある人を推す状態を変えずに別の人も推すことを指す。*1

推しは増える。確かに増える。そして元から複数いる場合もいる。
この、推し増しが今回のキーワードとなる。

「推し」に対してどういうことを考えているのか。ということに今回はスポットを当てていく。
ある人に対してはかっこいい、付き合いたい。
ある人に対しては可愛い、応援したい。
ある人に対しては歌が上手い、だから聴きたい。
ある人に対しては声が好き、だからもっと聴きたい。
ある人に対しては演技が好き、だからもっと色んな演技を見たい。
かっこよくて、歌もうまいし演技ができる人は推しになる。
かと言って、顔も歌も微妙だけど演技と声が好きな人も推しになる。
別にさほど他の推しに比べて興味が無くても、その日パフォーマンスが良かったり、対応が良かったら推しになる。

推しに対しての求めている「ハードル」が低いのだ。

ちょっとでも、「良い」と思うと、「好き」に繋がる。
「好き」と言う言葉には様々な重みがある。
この、「推せる」にはフランクな好きな意味がある。
ただここから重くなって行くパターンもある。そして、もっと見たい、もっと聞きたい、もっと知りたい、そうなって深入りしていく。
この深入りすることに関してはまた後日で。

この推しとハードルについて言及する。
推しへのハードルが低いということは求めているハードルも低いということである。
ライブが始まる前などに「こういうことをして欲しい」という期待値が低い。
これは悪い意味ではないし、求めていないというわけではない。
ただ、「会える!やったー!」くらいのフランクな気持ちで行って「今日もかっこよかった!ハッピー!」で帰れる。
求めていることがないということは、期待値が0であるが故に少しでも良いパフォーマンスをしてくれると「ハッピー」に繋がる。
そして各推しに求めているものは違う。
だから推しが増える=推し増しに関して私は悪いと思わない。
推しは偶像であり、彼氏であり、神である。
そして推しの前では私はファンであり、彼女であり、神の前に祈る聖職者であるのだ。

 

私の日常生活を華やかにしてくれるのが推しなのである。
軽い気持ちで会いに行ける、好きでいられるのが「推し」なのだ。

 

自担についての自論

ここからが本日の本題となる「自担」

自担に関しては上記で述べたハードルの話を持ち出そうと思う。
自担に対して求めているハードルが高い。
それはなぜかと言うと、「自担は人生」だからである。
自担とはその人を一番応援しているという意味がある。最推しと言っても過言ではない。
でも何か違うのだ。最推しと自担は決定的に違う。
なぜなら自担に対して期待しているからだ。
私は自担にはある一定以上のことを求めている。
1つはビジュアル
1つはライブなどのパフォーマンス
1つは歌唱力や演技など実力
そのほか日常とか女関係とか諸々あるが、とりあえずこれ。
かと言ってこれら全て完璧でなきゃいけないわけではない。
「前髪切りすぎ!」と怒ったりするし、「キャラ忘れてる」と演技についてケチつけたりもする。
でも仕方ない。だって相手は人間だし、私も人間だからだ。
私は自担に対して常にモンペ*2になれない。
確かに、確かに、すごくかっこいいライブの後とかはモンペになる。なってしまうよ、かっこよかったから。
常にモンペではなのはただの全肯定厨だ。
かと言って貶し愛というわけでもない。
この二つにおいては過去のブログを参考にしてもらいたい。

 

snow1024y.hatenablog.com

 

話を戻そう。
なぜ、自担が人生なのか。それは自担に対して全てを捧げる覚悟を自分の中で決めているからである。
これから先、担降り、担替えなど様々なことがあることはわかっている。
でも今この時、この瞬間、優先順位の一番は自担なのだ。
かと言って全てにおいて優先する訳では無い、一個人としての予定や金銭的都合など様々な理由で彼を応援できない瞬間がある。
けれどもその瞬間は推しに比べてかなり少ない。そういうことなのだ。
自担が最推しと似て非なる理由としてもうひとつ挙げるとしたら、彼らに対して勝手に、私が、人生を救われているというところもある。
例えば嫌なことがあったり、死にたいた思ったことがあった時、生きようという理由になった人だったりする。
この人に会うまで死ねない、このイベントがあるからまだ生きないと、と超絶勝手に理由をつけて生きているのだ。
私の場合、受験失敗して落ち込んでる時にたまたま聞いたラジオが面白くて元気貰ったとか、 死にたいと思った時に聞いたその言葉が刺さったとか。
これはもうどのオタクでもある事だと思う。現に周りでもある。
自担に対しては「恩」を感じているのだ。
生きる理由をくれたこと、好きでいる幸せも辛さも教えてくれたこと、自分の生活に意味を与えてくれたこと。
全部自担がくれたのだ。
自担を応援するのには理由がない。好きなのだ。純粋に自担が好きなのだ。
好きだからこそ嫌なところに目がつくから文句も言ってしまう。
それは許して欲しい、だって私は全肯定ではない。
推しに比べて自担を好きになるきっかけは明確である場合が多いと思う。みんな自分の胸に手を当てて考えて欲しい。

 

話をまとめよう。

自担は自分の人生に意味を見出し、輝かせてくれる人
推しは自分の生活を華やかにしてくれる人

 

それが私の結論である。

*1:はてなキーワード参照

*2:モンスターペアレントのこと。何をしてもかっこいいかわいいと言っちゃう的な意味でここでは使用

あの瞬間、私は恋したファンの1人になった〜KING OF PRISM by PrettyRhythmよりドラマチックLOVEを聴いて〜

どうも、世間ではキンプリヤクザやキンプリエリートと言われてる者の1人です。

今回取り上げるのは

KING OF PRISM by PrettyRhythm*1



キンプリだよ。Mr.KingVSMr.Princeのことじゃないよ。



エリートじゃなくてもキンプリが一体どんなもんかはみんな知ってると思うから省略します。





キンプリね、キンプリですよ。
上映館数の少なさやチケットの取れなさにめげず負けずに頑張った日々。
私はたった、4回しか見てません。4回だけ。
こんな私がエリートとかヤクザとか言えた口じゃないです、ただのファンです。そう、ただのキンプリファン。




私は元からプリリズのレインボーライブが好きで、その中でもオバレの3人が好きでした。そして神浜コウジ担でした。
だからキンプリ凄く見たかった。でもさ、ポスター見て思ったんだわ。



「こいつら、だれ?」



私はオバレが見たい、オバレのプリズムジャンプが劇場で見たい。
でもどう見たってメインそこの2人じゃん!?みたいな。

まぁ友達に誘われて結局見に行ったんですが。
ちなみに初回は応援上映ではなく通常上映。
見て感想ですよ。


第一声、





十王院カケル





あの60分で私の心は完全に十王院カケルに奪われました、瞬殺です。
彼は作中で別に歌ってない、踊ってない、飛んでない
それなのに私は彼に落ちた。
いやまあ会話とかで落ちたんだけど。あと話し方とかね。好きなところ上げたらキリがないからこれはまた書くけど。




ドラマチックLOVE




これだよ。

シンくんのプリズムショーが終わって「よかったね〜;;;;」って心の中で拍手をしていた私。
そして、シンくんのプリズムショーへの感動の涙と共に始まったあの歌。



明るいのに少し切なさのあるメロディーライン
胸がときめくのに何故か寂しくなる歌詞



気付いたんすよ。
あ、この曲が終わったらキンプリが終わるって。
もう終わってしまう、って。
始まりがあるから終わりもあるのは分かってたけど、無意識のうちにずっとキンプリは続くと思ってて、
なんならこの劇場内でずっと見続けれると思ってて、
でも本当は60分程度しかなくて。
やだなあ…ってなってた2番、そう、2番の歌詞。





カケル&タイガ:ありがとうの代わりに好きって言わせて





はあーーーーーーーーー好き



推しから「ありがとう」の代わりに「好き」って言われるのか、私は。
よくよく見たらやっぱりこの歌詞、好きで溢れてる。
ダイレクトじゃなくて間接的に。



あの虹越えた先に広がる景色
見に行こう
君と一緒だったらきっと
トキメキもっと感じて Fall in love




あの虹超えた先、ってOver The Rainbowのことじゃん。とか、
君と一緒とか言っちゃうの、みたいな。
エデロのみんなの好きが詰まってて、もう胸がいっぱいで、でも終わりたくない、そんな複雑な心境で音がフェードアウトして。



「恋した」




大号泣
恋した、うん。私も恋した。



この時、聞いた人ならわかると思うけど本当に時が止まる。息も止まる。
一瞬、ほんの一瞬だったけど全てが止まる。


そしてみんな、恋に落ちた。




終わってから友達にずっと「ありがとうの代わりに好きって言わせて〜;;;;」って居酒屋で呻く程度にはこの曲を好きになってた。



あとあと雑誌記事などで自分のパートは自分たちで考えたということを知った。 *2*3
「ありがとうの代わりに好きって言わせて」をカケルとタイガが2人で考えたという事実で涙した。
ありがとう、私も好きだ。(号泣)
ドラマチックに恋をした。本当に息が止まった。



エデロのみんなが作った、こんなにも「好き」に溢れた歌、好きになるしかない。



ハートひらり、落ちてくる。



その落ちたハートは私を含めた全キンプリファンのハートだよ。私のハートは十王院カケルの元に落ちたよ。






みんなプリズムの煌めきを感じたいとか、
EZ DO DANCEが見たいとか、
ケツから蜂蜜見に行くとか様々な理由を持って行ってただろうけど、私はこれ。



「ドラマチックLOVEが聞きたい」



シングル1枚分のお金を握りしめて映画館にせっせと足を運んだよ。





そ、そんなドラマチックLOVEが収録された



劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm Song&Soundtrack が、



本日2016/4/27に発売です〜〜〜!!!!!



1曲のためにお金を払うのはちょっと………と言うそこのあなた、



iTunesAmazonミュージック、mora、animelomixなど様々な音楽配信サイトで配信決定!!




250円払うだけでいつでもドラマチックLOVEが聴けるなんて、お、お得だ〜!!!!!




キンプリことKING OF PRISM by PrettyRhythmと共に、
ドラマチックLOVEもよろしくお願いします!!!!







壮大な販促オチ

*1:『レインボーライブ』からのスピンオフとなるアニメーション映画

*2:http://sp.animatetimes.com/news/details.php?id=1459511006

*3:https://twitter.com/sio_nacl/status/724981447665184768?s=09

全肯定と貶し愛と比較厨の狭間で

突然ですが私はモンペです。
どちらかと言えば相手を褒めて伸ばします。褒めちぎります。
笑っているのを見て「かわいいなあ♡♡」ってなるし、
クール系の曲歌ってるのを見たら「かっこいい♡はわわ♡」ってなります。

基本的に「無理、好き、死ぬ。死ねない」ってなる典型的なオタクです。

かと言って、全肯定ではありません。
変な髪型の時は「なにそれ」ってなるし、
太れば「丸いぞ。痩せろよ」って突っ込みます。
ちゃんと言う時は言います。
でも推しが可愛けりゃ(カッコ良けりゃ)ハッピー♡なんでちょろいです。


さてさて本日の議題。
モンペの私にとって疑問なのがこちら、

『全肯定と貶し愛』

まあ軽く例え話。
例えばとある推し(アイドルでも声優でも俳優でもなんでもいいよ)がいます。
いつもとは違う髪型で、
普段通りにおしゃべりをしつつ、ちょっと噛んだり滑ったりしながらも、無事終了。
まあよくあることですよ。

全肯定の人
『今日髪型可愛かった〜♡噛んだ時の焦ったところも可愛いしそっからの巻き返しも頑張ったから今日もうちの子がピカイチ♡』
貶し愛
『今日のあれ何?髪型変じゃない?wwwしかも噛むとかやばいって、ちゃんと仕事しろよ(笑)ほんと、うちの推し仕事しないし○○に比べてなんにも出来ないしちゃんとしろよ〜www』

ごめんね、貶し愛よく分かってないな。私モンペだから分かんないな。
まあこんな感じじゃん(雑)

私はモンペだけど、全肯定でもなければ貶し愛でもないので両者に疑問があるんですよ。



全肯定の方は、あれですか、推しは神様なんですか?
神様に対して意見を物申すなんて恐れ多いもんね。
でも同じ人間じゃん。なんかちょっとは、「ここはだめだろ」ってならないの?
全肯定ってわりと盲目的に推しを愛してるじゃん。
その暴走が怖い。
なんか、変なことしてもオールオッケー!で済ませてしまいそうで怖いっす。



貶し愛の方々。なんで推してるの?
推しも人間だよ?貶され続けたら推しも折れるよ?
私はとあるアイドル現場で「おれ白推しだけど白推しって思われるの恥ずかしいから赤振るわ〜www」って聞いたんですよ。

どういうこと!?

推しを推して恥ずかしいって何??
じゃああんた推しの何が好きなの??なんで推しを推してるの??
お前じゃあ赤推しじゃん????

何度も言うけど推しも人間だよ?
仕事頑張っても貶され続けたり馬鹿にされたらいやじゃん?
そのうえ裏で笑い者にされてるってどんな地獄だよ。



でも見るんですよ。

あれを私は今『比較厨』って表現するけど。
他担と話してる時に合ったんですよ。
私は○○推し、相手は××推し。それでこう言われました。

「今日のライブは最高だったけどさ、なんていうの、○○?あいつって××のおかげで面白くなってるよね〜本当に××に感謝しろよww」

ん???????
お前は誰だ????何者だ??????
確かにうちの推しはちょっと滑ったかもしれない。
しかし××の『おかげ』ってなんだ???『おかげ』ってなんだ?????

あとさ、ライブパフォーマンスでかっこよくポーズ決めたり可愛くファンサする時ってあるじゃん。
そこで経験したのがこちら、

推しを推してたら周りのオタクに笑われる。

あれはなんだ。なぜ笑われる。
私は推しを推している。なぜそれを笑われる。

あの、自分の推し以外は自分の推しよりランク下みたいな認定なに?
確かにお前の中ではお前の推しがナンバーワンかも知れないけど、
私の中では私の推しがナンバーワンでオンリーワンだよ!!
推しが推せることして推してて何が悪い!!!!



話がズレたね。戻ります。
私はモンペなので全肯定の人の言いたいことはわかる。すごく分かる。
テンション上がると「はわわ♡しゅき〜♡今日も推しがサイコーだよ〜♡」しか言えなくなります。
でもちゃんとダメなところはダメだって思うよ。
でもそれは個人の意見だ。抱いちまったもんは仕方ねえ。

でよ、貶し愛の方々。
推しだって人間だ。褒めてやろうや。
良い部分があったらちゃんと「今日のココ、よかったな」って口に出すなりTwitterで言うなりしてやろうや。
あんただってさ、仕事頑張って丁寧に出来たのに、「○○さんに比べて仕事が遅い」「次の課題これだから」ってやられたら嫌じゃん?
推しに感謝しようよ?自分が推しを推してる時にハッピー感じてるんだからそのハッピーを伝えてあげよう?伝えるとまでは言わない、ちゃんとその感謝の念を抱こう。

そんで比較厨の人達。
なんで比較するの。
お前はなんだ、敏マネか?Pか?統括してるのか??
何様だてめえって周りに思われる前に言動を改めろ。
お前達が比較して蔑んだ人を推してる人がこの世にいることをきちんと考えろ。

推しは人間だ。
地下アイドルやドルオタ、ジャニオタとかアイドル現場の人なら分かると思う。
本当に突然、彼、彼女は世界から姿を消す。
卒業、引退、脱退様々な表現がある。
でもそれはこの、キラキラとした舞台の上から姿を消すということだよ。
2度と推しを推せなくなるあの悲しみを私は味わいたくないんだ。

だから最後にこれだけはちゃんと胸に秘めておいて欲しい。
推しは人間。
神でも偶像でもない。人間だ。
だから自分なりに愛を持って接して欲しい。
自分なりの愛が全肯定かもしれない。貶し愛かもしれない。比較かもしれない。

でも、それでも、
推しがいなくなるまで推しを笑顔にし、その笑顔を守ることがファンの使命じゃないのかな?

解釈違いって結局何なの?

初めてブログ書くのにいきなり重いテーマにしたことを後で後悔するだろうなあって思いながら書きます。
この、解釈違いについての話だけど、このテーマに対する意見自体が周りの人間と解釈違いを起こすと思うからもうそのへんは、そういう解釈もあるんだね、ふーんへーほー、って感じで流してください。

というわけで解釈違いです。
私は男性声優オタクですが、俳優オタ、ドルオタ、ジャニオタ、その他諸々、推しがいる人には当てはまると思うからその推しのことを思って読んでください。



冒頭通り、私は、男性声優を中心に追いかけてます。
アニメを見たり、ラジオを聞いたり、ドラマCD聞いたり、
作品イベとか、なんなら男性声優によるライブとかコンサートに行って光るオタク棒を振り回してるよ。
この、いわゆる「追っかけ」行為。
その人の声が好きだから、
その人の演技が好きだから、
その人のトークが好きだから、
なんならその人のビジュアルが好きだから、と様々な理由があると思います。
いやまあ、声優っていうか人間だもんね。
最近はすげえイケメン声優とかいっぱい出てきてるし、それで雑誌とか、なんならジュノンとか出てるもんね。
まあなんていうかその人のどこかしらが「好き」でみんなファンやってるじゃん。



まあさっき言った好きな部分。
ここから解釈違いが生まれると思うんですよ。

私は声優という職業をしている方に対しては「演技」に対してウエイトを置いて見ています。
確かに声も見てますよ、見てるってか聞いてる?
まあイケボじゃないと…みたいな部分もあるけどやっぱり「演技」
この人のこういう演技が好き、とかあるじゃん?
私は「ん?」、「なに?」みたいな何気ない返事とか間のとり方とかスッゲー好きで、だからシチュエーションCDとかよく聴いてるよ。
あとトークとか好きな人もいますよ。なんか楽しいじゃん?ラジオとか聴いてたら元気になるじゃん?
まあこういう細かいことは割愛するけど、多分みんなの中にあるじゃん。

推しの「ココ」が好き。

声が好き、顔が好き、演技が好き、歌が好き、人間的に好き。
まあ色々あるよ。私も色々あるよ。
なんならこの上げた4つそれぞれに当てはまる声優がいるもん。
だからドルオタの言う「推し」が最低でも4人はいることになってるわ。



でさ、ここで本題です。
この推しの「ココ」が好き。
ここで、どこが好きかがポイント。
どこに重きを置いてるかが多分解釈違いが生まれるポイントだと思うんすよ。

私はさっき上げたとおり、私は演技にウエイトを置いてます。
でもさ、自分と同じ人を推してる他のファンが語ってるのを聞いた時にこう思った人いるんじゃない?

「は?何言ってんの?」

いるでしょ、絶対いるでしょ、いないはずがない。
そうここでそうやって思った人、それが「解釈違い」

私自身の経験として解釈違いが起きるトリガーは、
推しのどこにウエイトを置くかで、その場所が違う時だと思うんですよ。
ビジュアル、声、歌、パフォーマンス、演技、トーク
色々あるよ。
私は推しの「ココ」が好き!っていう「ココ」が他人と違ったらそりゃ解釈違いは起きるね。うん。
あとモンペか貶し愛でここでも解釈違いは起きるね。この話はどこかでしたい。
話逸れたから戻るね。

解釈違い起こした人、いていいんだよ、だってそれが個人の解釈じゃん!
そこでさ、こういう解釈もあるんだってなる人はいいよ。大人だよ。てか神だよ。
あっ、そうなの。って人も全然いい。
ここで、個人的にとても厄介なのが、

「何言ってんの?意味分かんない」

これを食らう時です。
これを言うのはいいんだよ、だってその人と解釈違いが起きてるだけだから。
何が厄介って受け手のメンタル。そう、推しを語った私自身のメンタル。
自分の思いが受け入れてもらえなかった時のあの胸の痛み
でもこれ、自分の好きなものが嫌いって言われてるわけじゃない。
この人も私と同じ人が好きなんだよ。
なのに、違うって否定されるあの痛み。
形容し難いよね、辛いよね。
ここで割り切れたらいいんだよ。でもなんだろうねあの瞬間。
まるでこの世で自分だけが違うなにかだった時みたいな感情。



解釈違いは引き起こすよ。私だって引き起こす。
でも解釈違いに対しては身構えれてる場合とそうじゃない場合ってダメージ違うじゃん。

最初から自分と違う解釈を抱いている人の解釈を聞くのって、
その人が考え抜いた自分なりの答えを聞くんだから神の如き慈愛で全てを甘んじて受け入れられるじゃん。ある程度は。

でも身構えられてない場合って、丸腰でバイオハザードしてるようなもんじゃん?
やばいよ、弾丸どころか銃すらない。
なんとなく逃げながら銃と弾丸と回復薬探す感じ。





もう何言いたいか分かんなくなってきたから切り上げるね。

解釈違いはある!
それを受け入れろとも受け入れるなとも言わない。
でもその解釈について前もって身構える準備が出来ていたらダメージって少ないよね!

なんかまとまんねえからここで逃げるね!!
次頑張る!