自分の周りは全員敵

夢だけ見せて〜!!

自担の傾向 ☆5羽風薫編

snow1024y.hatenablog.com
前回の続きです。
ここまでの傾向を振り返りましょうや。



黄瀬涼太
イッキ
木ノ瀬梓



上記の3名の共通点は、
天才肌で自信家。しかし折れたらポッキリ。
弱ってるのが好きなのがバレバレです。

高校卒業してからは2次元にどっぷりすることが減ったよね。
やっぱり声優を追いかけるのがメインになったからそうなったのか〜って感じ。



その私に革命が。

そう、

羽風 薫

f:id:snow1024y:20160426004206g:plain

属性:自信家、天才肌、チャラ男





正直あんスタくんとは相性悪いよ。
あのね。作業ゲー苦手なんだよ。ポチポチしてるの暇なんだよ。飽きるんだよ。モバマスもMマスもそれでリタイアしたよ。
実際あんスタくんもリタイアしたよ。再開してもすぐやめたよ。



そんなある日出会ってしまったんですよ。
とんでもないイケメンレイヤーに。

この話はもう割愛するね。はい。

さてもうこっから転落ですよ、もうとんでもない勢いで。
私はグッズを買わないタイプの人間だったんですよ。
なのにさ…

f:id:snow1024y:20160426012124j:plain

しかもさ、

f:id:snow1024y:20160426012147j:plain

祭壇あるよ…これ私が例の羽風さんに出会って1週間とかだよ、なんなんだ。

まあ羽風さんのことを好きになった、って言ってもさ、ゲームのストーリーとか読んでても、その当時の私は顔ファンでしたよ。
もうただの顔ファン。だってあんスタくん始めたきっかけも「なんか好きな顔」だったんだもん。

そんな私に事件が起きましたよ。

f:id:snow1024y:20160426004225j:plain

スカウト!遊園地ショウ



羽風さん、ハロウィンイベぶりの出勤。




いやあ~~~~~~~~~~きちゃった。

あんすたくんの私の運の悪さは有名なんですよ。
まずスカウトしてレアカードが出たことがない。

「単発引いたら出た~!」みたいなのを鵜呑みにしてやって出したことはありません。

そんな私VS☆5羽風薫

運命の2016.1.14 15:00

大学の授業中、胸が苦しくなりトイレに駆け込み、起動。
元からあったダイヤと合算してとりあえず1課金*1
そして引いた初回10連



いない



抱く焦り。そして二度目の10連



いない



止まらない手の震え、乱れる呼吸



人間の機能の一つ、反射がここで起きた

反射とは、受けた刺激が大脳を介さないで神経中枢から筋肉などに反応となって伝わること。

気付いたら追加で1課金。
これが諭吉が吹っ飛ぶ瞬間です。
諭吉が吹っ飛ぶ瞬間は反射だったため私は覚えてません。




そして3度目の正直。



f:id:snow1024y:20160426005350j:plain


f:id:snow1024y:20160426005353j:plain



(´;ω;`)ブワッ



きました、薫です。羽風薫です。
羽舞いし薫風の美少年、羽風薫さんの☆5



もうこの時私は知りました。



前日友人たちと一緒に神社でお参りしたのは無駄ではなかったこと。

当日学校の裏の神社でお参りしたのは無駄じゃなかったこと。

祭壇は徳を積むということ。



羽風薫は私のもとに来た。

もうこの時点でだいぶヤバかったです。
精神的にも財布的にもだいぶヤバかった。
だってものの5分で諭吉が飛んだぞ。これは人生初経験だぞ。



そして、まあ育てれば育てるほどかわいいんだよ、かっこいいんだよ。
そして覚悟を決めて読んだストーリーもすげえよかったんだよ。
あの薫が後輩のこと可愛いとか言ってて私は泣いたよ。

もう薫がいればハッピーだ!と笑顔だった、それが1月。



来る3月、



そうです、返礼祭

もうね、ネタバレになるってか書きたいけど思い出して書こうとすると涙が止まらなくなるからあんまりちゃんと書かないけど。

あの薫が、後輩のために頑張って、
芸能界で生きる覚悟を決めて、
自分の弱音を吐いて、
そして一人でスポットの元へ自ら向かった。

これがどれだけ泣けることか。

あのひひひ先生が書いたストーリーは飛んでもなく長編だったし、エピソード2に関しては腐女子だけでなく考察オタも全滅させたよ。
さくまれい…ひえ……



f:id:snow1024y:20160508074625j:plain


タリーズで読みながら悲鳴を上げたよね、気持ち悪いオタクしてた。



女の子が好きで、
縛られるのが嫌いで、
口うるさいことも嫌で、
練習もサボって、自由奔放に生きてた彼が、
自ら覚悟を決めて、「偶像(アイドル)」としてスポットライトの下で立つというのは、1転校生として、1プロデューサーとして泣けたよね。

ここのシーン

f:id:snow1024y:20160426011332p:plain

ほんっとうに、後悔。



彼を幸せにしたい。
彼のことを笑顔にしたい。
彼がスポットの下で輝き続けられるよう応援したい。



私が彼に抱いているのは恋する乙女、というのもあるがドルオタが推しに関して抱いているソレと一緒じゃないのか。
私は覚悟したよね、彼がスポットで立つために芸能界で生きていく覚悟を決めるのと同じく、
私は彼がスポットの下で輝き続ける限り(=あんスタがサービス終了するまで)彼を応援することを。



話がずれまくった気がするのでここでちゃんとまとめるよ。

私の羽風薫の好きなところは、
1ビジュアル(完璧)
2掴みどころない性格
3笑顔

私はかっこいい羽風薫も好きだよ。
でも彼には笑顔でいてほしい。くしゃくしゃの笑顔で笑っていてほしい。

f:id:snow1024y:20160426011420j:plain

ありがとう、ハッピーエレメンツ
ありがとう、あんスタくん

私は君を応援し続けるよ。

*1:1課金=樋口さんぐらいだよ