読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の周りは全員敵

夢だけ見せて〜!!

ジュニアを推したいから動画を作ったよ

どうも、ガウチョパンツを履くとバスパンと言われるオタクです。
おしゃれなガウチョの履き方を探してます。

 

今回なんですが前回の記事の最後に言ってましたちょっとしたなんかします。
雑だねえ〜でもそんな感じです。しかも超短い。

 

議題はこちら「96-92年くらいに生まれてるジュニアって本家に負けず劣らずどころじゃなくね????」

 

てか歌い方がドエロいって話をしたい。
それだけなんです。本当にそれだけなんです。

 

 

こちら、Six TONESさんのD-MOTIONに本家の動画ぶつけた動画です。
これ左右で音変わるとかハイクオリティな動画じゃなくてごめんね、許してね。
声質が似てるし英語もペラッペラだからそりゃまあジェシーさんと赤西さんダダカブリです。
てか、思ったんですけど、Six TONESすげえな????
今更だけどすごくない??
KAT-TUNって協調性の欠片もない人間の集団だから基本的に振りがいい感じに揃ってないんですけど(disってはない
このSix TONESっていう人達少しずつ個性をびみょ〜に出しながらもきっちり揃ってるからすごい、さすがジュニア。
そして何より歌が上手い。めっちゃ上手い。びびる。
正直どのグルーブにも1人ぐらい歌が下手な人っているし、まあアイドルなんて顔面さえ良ければ…みたいな感じに考えてもしょうがないけど今やアイドル戦国時代ですよ。
かっこよくて可愛くて踊れて歌えないと生きていけない!キャラ立ってないと生き残れない!!
そんな中でこの人達はとんでもないギラギラ感放って出てきましたよ。
ここまでロボットダンスガチでやって、しかもこれ口パクとかじゃなくてガチで歌ってて、なんだこいつら、なんだ、すげえ。
少クラって割と口パクあるしデビュー組すら口パクもあるのに、ねえすごいね。
圧倒的パフォーマンス力とカリスマ性と歌唱力ぶつけた感じがすごいです。

 

Six TONESデビューしてる(口癖)

 

 

 

そのメンバーの中で特に気になったのを二人選抜したんですけどまず1人目。
京本大我さんです。
言わずもがな京本政樹の息子でお姫様です。バク転バク宙できなくても大丈夫、彼はお姫様だから。
そんな彼が歌ったのがこちら、

 

 

歌っていいのこれ!?ってなったんですけど良かったみたいですね。
赤西仁のソロ曲のあれこれってどうなってんのって感じなんだけどどうやらこれはジャニーズの曲なんですね。

 

まあこれ何がすごいって本家に負けず劣らずの色気を出しながらも「自分」をガンガンに出してるところですよ。
寄せない、すごい。
「俺が京本大我だ!オラッ!」って言うのが伝わってきます。
そして本家に負けず劣らずの歌唱力。
これ踊りながら歌えるってすごいね。すごいよ。さすがSix TONESで二枚看板背負ってるところあるよ。
京本大我さんのすごいところは自分を魅せるための努力が並々ならないところなんですよね。
この手の話はまたしますね。次に行きましょう。

 

 

大本命松村北斗くんです。
彼を推したいからこの記事書いてるし次の記事にも続く感じなんですけどまあ見てくださいよ。
私彼の凄く好きなところは声なんですけど、喋ってる声も好きなんですけど、歌ってる時の声が凄まじく色気がある。
なんだろう、男も女も知ってる声をしている(は?)
この時10代だったはずなんだけど10代でこの色気?本気??みたいな。
腹筋めっちゃ割れてるやん!腰めっちゃ振るやん!みたいな。
赤西さんのダンスにはどこか気だるさがあって、それでいてとてもセクシーでなんかショーを見ている気分になるんですが、北斗くんはね、見てるこっちが恥ずかしいというか、自分の中の雌が疼くと言いますか。
ああ私まだちゃんと女だったんだ…みたいな。ちゃんと興奮するんだ…みたいな。
なんかこんなにバンバン暴力的なまでに松村北斗感を松村北斗から投げつけられるともうやばいよライフは0よ!!

 

 

いかがでしょうか。
これ結構古い動画引っ張って ですが興味もっていただけましたか。
今後とも彼らをよろしくお願いします。

 

 

 

次の記事はもっとしっかり書きたい。