読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の周りは全員敵

夢だけ見せて〜!!

夏と私と藤本結衣ちゃん

明日から学校です。日付的には今日だけど私はまだ昨日の世界線にいるので明日は明日です。

というわけで、本日で無事paletのワンマンツアーが終わりました。お疲れ様。

私は大阪のリリイベ両部とライブ1部だけの参加でした。

去年の12月ぶりに見るゆいちは相変わらずとっても可愛かったです。

 

ところでpaletってなんやねん、ゆいちって誰やねん、って思われるだろうと思いここで書いてみます。

 

 

f:id:snow1024y:20160919015736j:plain

プラチナム・パスポートに所属する、透明感溢れる正統派ビジュアルの王道アイドルユニットでPASSPO☆prediaの妹分グループです。

PASSPO☆さんは有名かな?

paletさんについていっぱい言いたいんですけど如何せん私「藤本結衣ちゃん」単推しを2年ほどゆる〜く、してまして。というか藤本結衣ちゃんしか知らなかったんですよ、マジで。

 

そんな藤本結衣ちゃんの好きなところ

 

・顔がモロ好み

f:id:snow1024y:20160919015930j:plain

きゅるんきゅるんに可愛いというよりは強くて可愛いの藤本結衣ちゃん。

最高に好みです。ぱっちりお目目はチャームポイントです。

 

・喋りがうまい

 

これはかなりの加点ポイントです。おしゃべりに強い女の子は大好きです。(これの凄さは下でまた書いてます)

 

・自分に正直

 

赤裸々すぎてたまに「大丈夫か!?」ってなるけどしょうもないことを呟いているのを見ると元気出ます。

自分に正直すぎるので人は選ぶね、うん。

 

 

 

私が藤本結衣ちゃんを知ったのはとあるラジオがきっかけです。

私は現在はまあジャニオタ兼任してましたがまあごりごりの声オタです。

そんなごりごりの声オタは2014年、柿原徹也のファンでした。(今もめっちゃ好きだよ)

そんな彼が当時してたラジオ「柿原と流田のラジオ+(藤本)」でした。

f:id:snow1024y:20160919015951j:plain

声優・柿原徹也とアーティスト・流田豊(流田Project)、

そしてアシスタントにアイドルユニットpaletの藤本結衣を迎え、

ラジオ好き・音楽好き・チャレンジ好きな3人が30分しっちゃかめっちゃか喋ってるラジオだったんですが、これがまた面白い。

当時19歳だった藤本結衣ちゃんが30過ぎのおっさん2人に頑張ってトークを繰り広げるんですよ。この、ハングリー精神の塊みたいな女の子がまあ面白くて面白くて。

3人で「ドM神」って言ってた時はイメージ的にかなり心配しました。スパンキングとか言っちゃったよ、大丈夫かな。

 

まあこのラジオめちゃくちゃ面白かったんですけど、やっぱり3者とも自分の歌をラジオで流すんですがここで流れたのが「VICTORY」でした。

f:id:snow1024y:20160919081823j:plain

 

youtu.be

このロックテイストと言いますか、曲全体がかっこいい、強いでまとめられててとてもステキだったんです。

深夜2:30位に死にかけながら聞いてた私にとっても刺さりました。

最初は柿原さん目当てだったのに気付けば3人が大好きになってました。

しかしゆいちは途中で卒業してしまい、その後のラジオがなんだかつまらなくなりそのまま私はそのラジオを聞かなくなりました。

 

 

 

それから1年後の9月。

ひょんなことで私はゆいちのイベントに行けることになりました。

それはpalet Cafeと言いまして、まあざっくり言っちゃうと「CD買ったらその場でアイドルと接近戦できる現場」です。

私は今までリリイベは「CDについてる応募券で申し込んで勝者のみが参加できる現場」にしか言ったことがなかったので新鮮でした。

何が新鮮って会場までメンバー全員で徒歩できちゃう所だね!周りのオタクみんな慣れてて私一人でびっくりしてた!

 

1枚で1分間お喋り、2枚で自撮りツーショット

 

3枚買いました。

お喋りからのツーショットです。

私はこの1分に全てをかけてました。

「あなたが好きです」その想いを伝えるために。

私は彼女に出会って、彼女の可愛さにメロメロになり、化粧を真似したり、服装を真似したりしてました。

ゆいちのストレートに何でも言っちゃうところとか大好きで、Twitterに流れてくる彼女の何気ないツイートが楽しみだったんです。

そんな、私の憧れの的との1分間。

 

目の前にいる生のアイドルを目にした時戦きました。

ああ、本物はこんなに可愛いのか。

柿原徹也はこんなに可愛い子としょっちゅう喋ってたのか、ずるいな。

それでも必死にこう言いました。

「柿原さんのファンで、一年前にしてたラジオでゆいちを知りました。やっとあなたに会えました。あなたは私にとって憧れの的です。」

ニュアンスはこんな感じ。

 

するとゆいちは目をおっきくして「本当に!?」と言ってすっっっごい笑顔で「嬉しい!」と笑ってました。

ああ、来て良かった、好きになってよかった。

こんなに近くで私は彼女の笑顔を見れるのか。なんて幸せなんだろう。

アイドルのオタクって、幸せなんだな。

 

そんなふわふわとした状態でゆいちとツーショット撮ったんですがまあ距離近すぎてびっくりしました。

これが、女オタの特権…ッ!

 

 

 

そして私は12月11日、バイトを早退できたのでpaletの定期公演に向かいました。

当時六本木のケーキ屋で働いててそこから頑張って秋葉原に移動しました。

バイトの制服のまま、髪もぐしゃぐしゃ、化粧もボロボロ。

それでも、どうしても見たかったんです。

歌って踊る彼女の姿を。

 

初めて生で歌うアイドルを見たんですがなんというか、荒削りというか。

私がいつも見ている人達と違う現場だったのでこう、新鮮でした。

ちなみに、この公演でサンミニの南彩夏ちゃんを知り落ちたのはまた別の話です。

 

この現場で水色担当のさきちゃんと緑担当のゆみちゃんが卒業を発表しました。

私はどうすることもできませんでした。

初めての現場で伝えられた卒業の言葉。あの日のことは忘れられません。

 

それでも私はちゃっかりブロマイドを買いゆいちとおしゃべりして写真を撮りました。

字面だけだと立派なドルオタです。

 

「ゆいちのこといっぱい呟いてたらpaletに興味もってくれる人増えた!」

「嘘でしょ〜」

そんなことを言ったあの日から8ヵ月。

 

彼女達が大阪に来ました。そうです、ライブツアー前日のリリイベです。

そして私はとある友人とこのリリイベに参加しました。

「ゆいちのことをいっぱい言い続けたら興味を持ってくれた」人です。

二人でお揃いの服を着て、早めに行ってほぼ最前みたいな場所を確保し、そして始まりました。

 

新曲を引っさげて、過去曲もしつつなリリイベはすごく楽しかったです。

何より近い、可愛い。みんなかわいい。いままでゆいちしか見てなかったけどほかのメンバーが可愛い。

りとまるが、かわいい。(めっちゃかわいかった。)

 

そして私は人生で初めてアイドルにファンサを貰いました。

「君だよ」みたいに指を指され、「は!?!?」っとなってるとゆいちはめっちゃ笑顔でこっちを見ていました。

これが、ファンサ。すごい。

 

そして「双子可愛い〜」とふとした瞬間に言われ友達と二人で舞い上がり、臨んだリリイベ。

8ヶ月ぶりに見たゆいちは夏ゆいちらしく、これまたすこぶる可愛かった。

キラキラした衣装着てるアイドルってやっぱり可愛い。

 

まぁちょろいオタクなので翌日のワンマンも行きました。気合で休みもぎ取って行きました。

一人で行く現場はやっぱ怖いもので、でも光るオタク棒さえ持ってればこっちのものだったので。

あと初めてライブに来るという方がいたので光るオタク棒配布芸をしました。

まあ一番テンション上がったのは死ぬほど聴きたかった恋するウインクを歌われた時でした。

キンブレの振り方が完全に男性声優のライブの時のアレだったんですよ。

開演前に「恋するウインク聴きたい」とリプを送ったものだからこれはゆいち、にやりとしてるだろうな。なんて帰り道一人で笑いました。

でもやっぱり一番泣いたのはBelieve in Yourself !でした。

私が初めて見た歌って踊るゆいちが歌った曲で、何より歌詞が良い。

みんなが盛り上がってる中一人で死ぬほど泣きました。

終演後、これまたちゃっかり接近戦に参加しました。

まさかアイドルに「かっこいい!」と褒められるとは思いませんでした。

光るオタク棒はすごく感謝されながら返してもらいました。びっくり。

すごくいい人達だったので帰りはとても気分が良かったです。

「あなたの好きな藤本さんって方、すごくキラキラしてましたね」

そう言ってもらえるのはオタク冥利に尽きます。

 

 

 

 

こうして藤本結衣ちゃんとの夏が終わりました。

大好きなアイドルによるファンサを貰い、好きな歌を歌われ、接近戦にも参加できた最高の夏でした。

 

 

 

私はほかのオタクよりもゆる〜く応援してます。

イベントも全通できないし、インディーズの曲も知らない。

それでも藤本結衣ちゃんが好きというのははっきりしてます。

 

いつもファンのことを考えて、でも自分が楽しむことも大事にしてて、

笑顔でキラキラと汗にまみれて歌う貴女はアイドルそのものです。

メンバーの中で最年長。

キャプテンだった立ち位置も無くなりましたね。

きっと辛いこともいっぱいあっただろうし、やめたいと思ったこともあるでしょう。

でも、辞めないでいてくれて、ありのままのゆいちでいてくれてありがとう。

ゆいちは私にとってのスーパーアイドルです。

これからもずっと、ずっと、憧れの的です。

 

二年前の夏に君を知り、一年前の夏に君と初めて接近し、そして今年の夏は君と最高の夏を過ごせました。

 

素敵な思い出をありがとう。

 

これからもずっと大好きです。

f:id:snow1024y:20160919082023j:plain