自分の周りは全員敵

夢だけ見せて〜!!

5年間ありがとうございました

以前ブログを書いて、自分の気持ちに整理をつけたつもりだったんですが、やっぱりどうにも出来てなかったらしく。この3日間モヤモヤと過ごしてましたが、やっぱり覚悟を決めたのでここで宣言します。


 

 



私は、柿原徹也担から降ります。


 

 



5年間も好きを続けたんですが、私が長い間1人の人を追いかけるのって本当に珍しいことで、長くて1年ちょっとだったのに、5年。本当に幸せな時間でした。

 

正直何度も浮気しましたし、降りようとしました。
受験時期がかぶってソロライブに行けなかったことや、
チケットが取れなくて入りたかった5周年ライブに入れなかったこと、
どうしても行きたかったイベントに行けなかったことなど色々ありました。

でも、どんなに辛くても、どんなにしんどくても、また次の新しい夢を見させてくれたんです。
キラフェスとかイベントとか、ソロライブとか、本当に楽しくて、ずっとずっと追いかけられてたのに。

 

 

 

たった1回、リリースイベントに外れた瞬間、なにかが崩れ落ちました。

 

 

 

リリースイベントですよ、ただの。CD買って抽選で当たるあのイベント。それに外れただけでもう終わったんですよ。他担が入ってるのに、みんなが行けてるのに、なんで私だけ外れたの、なんて烏滸がましいことも考えました。ただ運が悪いだけなのに。
ただよっぽどショックだったらしく、体調も崩したし、仕事にも身が入らないし、「なんで、他担が?」「どうして?」と恨み辛みを言葉にすることしか出来ない。もうね、地獄ですよ。どうしようもないことなのに、世界一不幸な人間にでもなったような気分で、友達だろうがなんだろうが全員恨んでやると。

 

その後は、何も考えたくない、何もしたくない、何も聞きたくない、とただただ周りを遮断しました。
大好きだったラジオも聞かないし、今何してるかも見ない。
全身が拒否反応を起こしているような感覚で、好きなはずなのに、と罪悪感に襲われて。
だって辛すぎません?好きなはずなのに全身の拒否反応に襲われて、恨み辛みしか言えないなんて。

 

これ以上この状況にいても無理だと思い、全部諦めて、降りるという選択にしました。

私は徹也さんと夢を見続けたかった。
徹也さんがどんどん素敵な人になっていって、多くの人に知ってもらって、大きな会場でライブをして、っていうのを夢見てたのかもしれない。
そして徹也さんはどんどん有名になって、幕張メッセを1人で埋めた。
ファンの思い上がりとか、夢見すぎと笑われるけど、それでも、幕張メッセでのソロライブはどんな形であれ事実だし、すごく、大きな事実だった。
多分満足してしまったんだろうと思う。徹也さんが大きな会場で、緑のサイリウムガいっぱいのところで輝く姿を見てしまって、幸せだ、と思った。

 

 

 

幕張メッセでのソロライブ
リリースイベントの落選
ほかのアイドルにハマったこと

 

 

 

いろんな理由はあるけれども、その結果として行き着いたのが「担降り」でした。

 

降りて何になるの?と言われると「ファン」としか言えません。
9月の台湾も行く気満々だし、これからもソロライブももちろんキラフェスだって行きます。
やってるとも言ってることも何も変わりません。
徹也さんのことが大好きなファンになります。

自分のペースでゆっくりでいいからもう1度好きと言えるようになりたいです。

 

 

 

 

 

10年前にあなたを知れてよかった。


5年間ずっと私の一番でした。


幸せな時間をありがとうございました。